本文へスキップ

神戸でのカウンセリングはカウンセリングスペース オリーブ

ご予約・お問い合わせはこちらotoiawase



カウンセラー紹介

心理カウンセラー
上土井 好子(うえどい よしこ)

 1966年生まれ
 国家資格 キャリアコンサルタント
 日本カウンセリング学会 認定カウンセラー
 日本心理学会 認定心理士
 中央労働災害防止協会 心理相談員
 サンタフェNLP/発達心理学協会プラクティショナー
 英国オーラソーマ認定プラクティショナー

 


私のカウンセリングへの思い

人は生まれてからずっと、生きていく上で何かの壁にぶつかり、それを乗り越えいろんな道を選択して進んでいきます。幸せなときや苦しいときはランダムにやってきます。
私も子供のとき、学生の頃、就職、結婚、子育て、家庭と仕事の両立、夫との関係、いろんな時代に数え切れないくらい悩んだり傷ついたりして乗り越えてきました。

そんなとき、いつも考えていました。家族や友人以外で信頼できる人に本当の自分の思いを聴いてもらえないかと。
しかし、私は自分のことを話すのはあまり得意ではありませんでしたし、だいたいのことは自分で決めてなんとかしてきました。
でも、気がつかないうちにこころは疲れきっていたんです。

ひとりでは、こころをほぐすことはできません。

2年間のクリニックのカウンセリング経験の中でも、そのことは実感しました。
人のこころはある程度までは自分でなんとかしようと頑張るものです。しかし、それを超えてしまったらどんどん傷が深くボロボロになっていきます。
健康なこころを取り戻すには、こころとこころのやり取りが必要です。
薬に頼らないで、心を元気にしていってほしいと思っています。

確かな人間関係の中でこころを癒し、人として自分の人生の意味を知り、責任と自信をもってもらいたいと願っています。
そして、少しでもそのサポートができるカウンセラーでありたいと思います。

カウンセリングは自分自身に向き合う作業であり、一度立ち止まって自分についてじっくり考える場所です。そして自分を変えるにはある程度の努力を必要とし、時にはしんどい思いをするかもしれません。
しかし、今直面している悩みや生きづらさは自分を成長させるチャンスでもあるのです。

<新しい人生のスタートを切る> それは、誰にでも平等に与えられているのです。

自分にとって本当に納得でき、自信にあふれた豊かな人生を歩みませんか

カウンセリングについてはこちら≫≫

カウンセリングのご感想はこちら≫≫